ミスマッチに

ならないように

求人情報の分析を

勤務形態から見る姿勢

勤務形態を見てみることも重要なポイントになってくるでしょう。勤務時間からは、企業の状態を見て取ることができるからです。フレックス制や変形労働時間制、裁量労働制といったことになると、通常の勤務とは異なる部分を持ってきます。自由に働くことができるといってもコアタイムの設定がありますし、どこまで自由になるのかは違いが出てくるでしょう。

1日8時間の実労働は決められていても、変形労働時間制や裁量労働制になると、1日の間で勤務時間を超えても残業が発生しないことが出てきます。変形労働時間制の場合には、1ヶ月や1年を単位として計算してくるため、そもそも1日の中で残業が発生してもトータルで超えないことが影響してきます。裁量労働制の場合には、従業員に時間の使い方をゆだねているため、考え方が違うところが重要です

残業代に関しては、勘違いされることもありますが、裁量労働制だからといって支払われないということではありません。法定の労働時間を超えれば、会社は支払う義務が出てきます。こうした記載をしていないところは、会社の姿勢に問題が出てくるようになるのは間違いありません。手当ではなく、法定の賃金になるのですから、勝手に決めることはできないのです。