ミスマッチに

ならないように

求人情報の分析を

社会保険と退職金

求人情報には、いろいろな情報がありますが、社会保険や退職金の条件は特に分析していかなければいけない点です。ここにも会社の姿勢が見えてくるようになり、どのような経営をしているのかがわかるからです。

ひとつのポイントになってくるのが、社会保険の有無でしょう。これは経営の分岐点ともなってくるところです。企業にとっては義務ですが、雇用形態が変わってくると発生しなくなります。
そのひとつが個人経営のお店です。この場合、一般的な適用事業所とは異なるため、加入の義務が発生しません。さらに、正規社員のおおむね3/4以上の労働時間が加入義務の条件となるため、非正規社員の場合には確認しておかなければいけないでしょう。雇用の見込みが2ヶ月以上に及ばない場合にも、義務は発生しないことになります。短期の契約といったことになれば、発生しない可能性があるのです。

退職金のチェックも重要ですが、記載がない場合には、制度自体がない可能性があります。制度を作っている場合には、支払いの義務が発生しますが、そもそも謳っていなければ、退職金は発生しません。どの企業でも退職金は絶対に発生するものではないことを理解しておかなければいけないでしょう。


~求人情報に関する参考サイト~
求人サイトには詳しい求人情報を自由に掲載できます。どのくらいの料金でマイナビバイトに掲載できるのかについては、こちらをご参考ください ⇒ マイナビバイトの料金