ミスマッチに

ならないように

求人情報の分析を

求人情報を分析する

求人情報の見かたを間違えば、当然転職はうまくいきません。当たり前のことではありますが、情報をどうやって分析していくのか、正しく読み取っていくことが重要になってきます。ミスマッチを発生させてしまう要因ともなってくるため、入社後に気が付いたとしても、これは意味がありません。

実際に記載されている情報はいろいろとあります。その中からどこに注目していくのか、分析をすることになりますが、雇用形態と給与はみていかなければいけないポイントです。

雇用形態は、いったいどのようなかたちで働くことになるのか、その企業の姿勢も見えてくるようになります。契約社員なのか派遣なのか、それとも業務委託なのか、正社員だと思っていたら違いましたといったことがないようにしなければいけません。

そこから給与を見ていくと、いったいどんなかたちで支払われるのかが見えてきます。支給額だけ書かれていても、手取りは全く異なります。月給と固定給の違いもあるでしょう。ボーナスの有無も考えていくと、年収の計算も変わってきます。働いてみたら、思っているより収入が少ないといったことが起きるのは、明確に計算していないからです。退職金の支給といったことも情報として必要になってくるでしょう。見落としていたとあとから後悔しても間に合いません。

求人情報に記載されている情報は、さまざまなものがあり、組み合わせたりすることでその条件である理由や、詳しい内容も見えてくるようになります。大事な要素はたくさんありますので、しっかりと判断しなければいけないでしょう。